革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

学校トラブルを法で解決するための話

ビル

学校トラブルで何とか自分の主張を通していくために、法律を用いるという手段があります。
ですが、それをしてしまうと大事になりますしやったやってないであったり屁理屈論争になることもあるので、最後の手段として取っておくべきなのです。
ただ、もしも法律を使うとするなら証拠がものをいうので相手に気付かれないように集めておくと後々役立つでしょう。
勝手に録音することは、違法収集証拠と言われる部類に属しますが、民事では証拠として使えますのでどうしても自分の主張を通したい場合は、しておいても良いと思います。
学校トラブルを法的に解決する上で、協力者も大事ですし誰が味方なのかを見極めなければなりません。
親身そうに見えても、裏では相手側と繋がっているということも有り得ますので、誰に事情を話すかも考えなければなりません。
なので、まずは学校トラブルの相談に乗れるその学校と利害関係がない法律家を見つけて、説明してみて状況を見つめ直すのが上策です。

赤字から黒字企業へ

法律トラブルのご相談なら

ASPサービスでタイムカード配布・回収の手間が省けます

3000円から労働基準監督署の調査
対応を行っています

後遺障害異議申立書
作成なら横浜の行政書士江口正事務所へ

関連ページ

ほほえむ女性

学校トラブルを法律で解決する場合にありがちなこと

学校トラブルを法律で解決しようと思ったときに、弁護士に引き受けてもらえない場合があります。

学校トラブルに弁護士が介入するケースが激増しています

子供同士の喧嘩に大人が口を出すことを昔はきらっていた時代がありましたが、現代は学校トラブルも法律を破

法律と学校トラブルのこと

子供を学校に通わせている親御さんは、学校で子供がのびのびと生活することを何よりも望んでいることだと思

学校トラブルを解決する

いじめや教師からの嫌がらせなど、学校では多くのトラブルが発生します。
個人で解決できる学校トラ